中坊進二が注目している京都のみそポタ


新旧色んなグルメがあるのが京都です。
老舗の味や新しい味が楽しめる場所が京都だと中坊進二は考えています。
そんな中坊進二が注目しているのが京都のみそポタです。
新しいファストフードとして注目を集めています。

このみそポタは、具材がたっぷり溶け込んだポタージュのような濃厚さと、
慣れ親しんだ味噌のうまみを絶妙にブレンドした飲む食事だそうです。
とろみのある汁が「ポタリ」と落ちる音感にちなんで、
みそポタと名付けられたそうです。
味噌汁もポタージュも好きな京都の中坊進二からしたら、
「いいものが出来た!」と非常に喜んでいたようです。

中坊進二が京都のみそポタでまず気に入ったのが、ネーミングです。
具材ではなく、「はじまりの白」や
「あの日の花火」という商品名なのが気に入ったそうです。
遊び心があっていいと中坊進二は肯定的に捉えています。

みそポタはポタージュのようなとろっと感と、
懐かしい味噌汁の味がして美味しいそうです。
身体に染み渡るような味わいが癖になるそうです。
一度食べて以来、中坊進二は京都のみそポタをよく買って飲んでいます。
みそポタだけの時もあれば、
玄米トーストや米粉クロワッサンを一緒に買って食べる時もあります。
お腹が満たせて活力チャージが出来るからいいと話していました。

味噌汁もこういう進化があるのかと中坊進二は京都のみそポタに感心しました。
みそポタは京都だけでなく全国的に流行って欲しいと願っています。
そして改めて色んなグルメが生まれる京都はすごいと中坊進二は感心しています。